広告枠(スペース)を売ることができると、一番報酬が安定する。

アフィリエイト の主な種類には以下のものがあります。

・成果報酬型
・クリック報酬型
・インプレッション型
・広告枠販売

あなたのWebサイトの特性によって、どのタイプが適しているかはそれぞれです。そこで一般的なWebサイトを例に、アフィリエイトの収益を、シミュレーションしてみましょう。

*UU(ユニークユーザー)のこと

(1)成果報酬型
ユーザー数 10,000 UU
クリック数 10,000 UU × 1% = 100
成約率 100 × 1% = 1件
報酬額 1件 × 10,000円(報酬単価) = 10,000円

成果報酬型は、クリック率、成約率、報酬単価がポイントです。Webサイトによって、クリック率は異なります。0.1%しかない場合や、数パーセント以上になることもあります。広告文の影響も大きいです。

成約率は、あなたのWebサイトを訪れたユーザーの属性や、広告主のWebサイトの文章力が大きく影響します。

報酬単価は紹介した商品によって変わります。数百円のものから、中には数万円という高額なものまであります。

また、注文された商品がキャンセルになることもあるので、確定するまでは安心できません。


(2)クリック報酬型
ユーザー数 10,000 UU
クリック数 10,000 UU × 1% = 100
報酬額 100 × 7円(クリック単価) = 700円〜

クリック報酬型は、クリックされた段階で報酬が確定します。クリック単価は、ASPやキーワードによって変わります。1円のものから、中には数百円のものまであります。


(3)インプレッション型
ユーザー数 10,000 UU
報酬額 10,000 × 0.05円(表示単価) = 500円〜

インプレッション型は、広告が表示されるだけで報酬がもらえます。したがってアクセスがあれば、確実に報酬が発生します。

ただ、表示単価が安いので、かなりユーザーが訪れるWebサイトでなければ、高額な報酬にはなりにくいです。

Webサイトの広告枠が空いている場合は、インプレッション型の広告を検討してみるのも手です。


(4)広告枠販売
ユーザー数 10,000 UU
報酬額 10,000円

広告枠販売は、広告主が見つかれば、一番安定して稼ぐことができます。

仮に1つのWebサイトで、10,000円の広告枠が1つ、5,000円の広告枠が2つ埋まれば、合計 20,000円になります。そんなWebサイトが10個あれば、20万円ということになります。

問題はなかなか広告枠が埋まらないことです。

「インプレッション型」や「広告枠販売」を行なっているASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に、 Pitta! があります。

Pitta! は広告のマーケットプレイスです。あなたのWebサイトの広告枠(スペース)を、ネット上で取引することができます。

Pitta! では、あなたのようなサイト運営者側(広告枠を売りたい人)が、広告枠の価格を、自由に決めることができます。

あとはその価格で納得した広告主のオファーを待つだけです。

ユニークユーザー数に対して価格が高いと、広告主が見つかりにくいので、他のWebサイトを参考に、価格を調整してみてください。

また操作もシンプルなので、アフィリエイト初心者でも簡単に利用することができます。

個人で広告枠を埋めるのは大変なので、Pitta! のようなサービスを利用してみると良いでしょう。






アフィリエイト初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。