アフィリエイトで採算をとる方法について。

アフィリエイト で重要なことは、商品の購入率の範囲で、採算がとれるように、仕組みを組み立てることです。

Webサイトのアクセスを解析すると、そのほとんどが Yahoo! や Google などの検索エンジン経由です。

検索エンジンからのアクセスは、主に2種類あります。それは「検索結果」と「PPC広告」です。

あなたのWebサイトが、検索エンジンの検索結果の上位に表示されている場合は、かなりのアクセス数が見込めます。

検索結果の上位に表示する SEO(Search Engine Optimization) という手法もあります。

*SEO サーチエンジン最適化

SEOにはいろんな方法がありますが、検索エンジンのアルゴリズム(処理手順)は、日々進化しています。

やはり最終的には、Webサイトのコンテンツの充実が一番です。

検索結果からのアクセスの最大のメリットは、コストがかからないということです。集客コストが0円なので、アフィリエイトの成果報酬は、1円から利益になります。

・SEO 集客コストが0円なので1円から利益

コストが0円ということは、精神的にかなり楽です。したがってアフィリエイト初心者に向いています。

しかし現実には、検索結果の上位に表示されることは、なかなか難しいです。特にWebサイトを作ったばかりの頃は、無理があります。

そこで、すぐに効果を出したい時は、PPC(Cost Per Click)広告を使います。

PPC広告とは、検索結果のページに広告を出せるサービスです。Yahoo!が提供するオーバーチュア(Overture)や、Googleが提供するアドワーズ(AdWords)などが有名です。

PPC広告は入札価格によって、広告の掲載順位が決まります。入札価格を調整することで、検索結果の1ページ目に、あなたの広告を表示することも可能です。

広告は上位になるほど、アクセス数が増えます。また入札するキーワード数を増やすことで、さらにアクセス数を増やすことができます。

あとはWebサイトから得られる成果報酬と広告費を計算して、プラスになるように組み立てるだけです。

・PPC広告 成果報酬 − 広告費 = 利益

例えば、アフィリエイトで 10,000円の商品が1つ売れた時に、成果報酬が2,000円もらえるとします。この時、1クリック15円で入札した場合、広告費は以下のようになります。

100クリック × 15円 = 1,500円
133クリック × 15円 = 1,995円
500クリック × 15円 = 7,500円
1,000クリック × 15円 = 15,000円

100クリックなら採算がとれます。133クリックが分岐点です。それ以上なら赤字になります。

PPC広告では、1クリック 15円でも、100クリックだと 広告費が 1,500円もかかります。したがって、購入率が1%より低かったり、成果報酬が安いアフィリエイトだと、扱い難いといえます。

対策としては以下の方法があります。
・入札価格を下げる
・入札価格が安いキーワードに変更する
・購入率の高い商品を検討する
・成果報酬の高い商品を検討する

でも入札価格が15円というのは安いほうです。また入札価格を下げると、広告の掲載順位が下がるため、アクセス数が減ります。減った分はキーワード数を増やすことで、補うことができます。

もっと安いキーワードを探したり、複数のキーワードを組み合わせて、複合キーワードにすると、入札価格が安く済む場合もあります。

購入率の高い商品にすることも有効です。購入率は、広告主のWebサイトの出来に影響されます。売れるページになっているか、事前に確認しておくことも大事です。

またアフィリエイトでは、成果報酬が数千円〜数万円の商品がたくさんあります。扱う商品を変えれば、入札価格を高くできるし、クリック数を増やしても採算が取れます。

無料会員登録でも成果報酬が高額なアフィリエイトや、商品価格が3万円未満で、成果報酬の高いアフィリエイトが狙い目です。

以上のように、PPC広告は使った広告費以上に稼がないとプラスにならないので、商品が売れないと焦ります。

しかし一度売れる仕組みが作れれば、あとは少しのメンテナンスだけで、継続的に稼げるようになります。さらに、仕組みを増やすことも簡単なので、収入が増えます。

アフィリエイトに慣れてきたら、PPC広告にも挑戦してみると良いでしょう。






アフィリエイト初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。