楽天アフィリエイトの成果報酬の支払いが、楽天キャッシュになりました。

楽天アフィリエイトでは、2009年11月発生分のアフィリエイト報酬から、3,000ポイントを超える分については、支払いが「楽天キャッシュ」になりました。

*2010年1月お支払い分(確定成果報酬)から

楽天キャッシュとは、オンライン電子マネーのことです。

楽天キャッシュは、楽天市場での決済や、楽天トラベルの予約に使えます。

さらに楽天キャッシュなら、イーバンク銀行で換金できます。

楽天キャッシュは、他の人に贈ることも可能なので、個人間の決済や寄付にも使えます。

楽天アフィリエイトの成果報酬は、これまでは楽天ポイントで支払われてきました。

楽天ポイントの場合は、楽天市場以外で利用したい時は、商品券を購入したり、他のポイントサービスに交換したりといった工夫が必要でした。

今回、楽天キャッシュになった一番のメリットは、換金が簡単にできるようになったことです。

しかも1回の利用上限は10万円、1ヶ月の利用上限は100万円に引き上げられています。

これでアフィリエイターにとっては、やる気が出る環境になったと思います。

成果報酬が100万円を超えるスーパーアフィリエイターは別として、一般的なアフィリエイターなら、上限が100万円でも十分です。

1回の利用上限がなければ、もっと利用しやすいとは思うのですが・・・

でもこれまでは、1回の利用上限が3万ポイント、1ヶ月の利用上限が10万ポイントだったことを考えると、だいぶ前進しました。

今回楽天キャッシュの対象になるのは、3,000ポイントを超える分についてです。つまり3,001ポイント以上ないと対象になりません。

・3,000ポイント以内は、楽天ポイントで支払い
・3,001ポイントの場合は、3,000ポイントは楽天ポイント、1円は楽天キャッシュ

また、楽天キャッシュを受け取ったり、換金するには、イーバンク銀行 の口座が必要です。

イーバンク銀行の口座が無いと、楽天キャッシュで受け取る分が無くなるので、注意してください。繰越処理もありません。

そのため、事前にイーバンク銀行に口座を開設して、「イーバンク口座」と「楽天会員情報」をリンク登録する手続きが必要です。

リンク登録は、イーバンク銀行のWebサイト上で、ログインしてから行なうことができます。

イーバンク銀行の口座開設の手続きには、数週間かかります。またリンク登録が完了するのにも、数日かかります。

今はまだ 3,001ポイント以上に達していないアフィリエイト初心者も、余裕を持って早めに準備しておいたほうがよいでしょう。

これで楽天アフィリエイトに真剣に取り組むアフィリエイターが、増えるのではないかと期待しています。

楽天アフィリエイトは、もともと成果報酬が得やすいサービスの一つです。

しかも楽天アフィリエイトには、WebサービスAPIが用意されています。

本気で挑戦してみたい人は、 楽天ウェブサービス初心者入門講座 が参考になります。






アフィリエイト初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。